ゴキブリの都市伝説は本当に伝説か!?俗説か噂話か作り話の真相に迫る

驚異的な生命力が生んだ都市伝説は本当か!?ゴキブリに関する噂・俗説・都市伝説には限りがない。雪男・狼男ならぬゴキブリ男がいた!?集団で赤ちゃんを連れ去った!?

二本足で歩いていた(しかも速い)!?人間の言葉を喋った!?(なんていうこられの噂はひどすぎるけど・・・)。巷で飛び交うこれらの都市伝説について迫ってみようではないか!

頭を切断されても生き続けた!?

『耳なし芳一』ならぬ『首なしゴキブリ』だと!?バカな・・・。頭がないのに生きられぬはずがない。頭を切断(潰しても)されても生き続けた!?真実だろうか!?しかし、恐ろしいことにこれは真実のようだ。

「脳」とされる部分は頭部にある、が、胸部には「食道下神経節」という脚のモーターコントロールの役目となる部分があって、頭部だけを切り落としても、「かなり長く生きる」ようだ。ホラー映画そのものじゃないか・・。

ただし、頭部の重要な神経節を失うので、多くの活動が制限され、生き返ることはないそうだ。『ほっq'∀'o)=3』

不幸にも目が合うと、猛烈な勢いで向かってくる!?

『奴らとは絶対に目を合わせてはいけない』そう言い伝える村が日本のどこかにあるとかないとか・・・。ゴキブリは瞳の反射に反応して猛烈な勢いで向かってくるそうだ。これが本当なら僕は明日からどう生きていけばいいのだろうか。

が、これはガセネタ、というか未確認・未実験のようだ。昆虫を専門に研究する人によると、

「識別能力や記憶学習能力があるのは分かっていますが、複眼なので『眼』の解像力は昆虫一般に高くないです。ゴキブリは腹部末端にある尻葉という部分や触覚で振動や風を感じるのですが、そういった動きには敏感です。

(『目を合わせて~』というのは)身じろいで微妙な風になって感じるということなのでは。原因が(目を合わせることなのか)分からないですからね~

無風状態のなかで是非、実験してほしい!(視力で)そこまでの識別能力があったらおもしろいですよねぇ(笑)」ということのようだ。『ほっq'∀'o)=3』

誤って食べたら、胃・腸を食い破って這い出てきた!?

体内で孵化した子どもゴキブリが胃袋・腸を食い破って這い出てきた!?テレビ・映画の観過ぎではないだろうか・・・。まさしく『エイリアン』そのものではないか・・・。で、でも、本当?・・・嘘だといって・・・。

以前、アメリカの昆虫大食い大会コンテストの覇者が大会直後に死亡した、というニュースが流れた時、これを想像したのだが、人間の体を食い破るなどが原因ではなかったようだ。そもそも、他の参加者はなんでもなかった。

人間の胃に入って生きていられるほどの生命力はなく、また卵が負荷することもないようだ。胃酸って強力なんだ。これは漫画か、もしくはテレビでの脚色の作り話のようだ。『ほっq'∀'o)=3』

ねずみ男のゴキブリ版!?ゴキブリ男を見たという噂が!?

いや、ねずみ男は漫画の中の話で、それよりも真実味のないゴキブリ男っって・・・。でも、いたら嫌だ・・・。

この話は2つあって、1つはネット上でも見ることができる。「TVジョッキー」という番組の「奇人変人」というコーナーにゴキブリを食べるというパフォーマンスをする男性が登場した。それから数ヵ月後、悲しい知らせが全国に広まった。

はい、この噂は上の胃を食い破る都市伝説と繋がっているのだ。男性の体の中でゴキブリの卵が孵化し、無数のゴキブリが内臓を食い破ったため死んでしまったというウワサ話が広がったのだ。が、この男性が生きている姿を見たという話もあるので、一つ目のゴキブリ男はまぁ、パフォーマンスをしたという男性の話だったのだ。『ほっq'∀'o)=3』

2つ目はこれは僕が見た夢の中のお話。はい、完結。都市伝説にもならない、妄想話ほっq'∀'o)=3!?

仕事が深夜に終わった帰り道のこと。コンビニでサンドイッチなどの軽食を選んでいたら、ふと背中に視線を感じた。視線だけを斜め上の防犯鏡に向けてみると、僕のすぐ後ろで僕をずっと睨んでいる男がいた。一瞬ビクッと驚いた僕に反応したその男性も同じようにビクッと体を動かし、サササッっと店外へ出て行った。

脂汗がブワァっと湧いてきて気持ち悪くなった僕はレジで支払いを済ませ、早足で自宅に向かった。と、さっきコンビニで感じた視線が蘇る(°д°lll)。今度は体ごと反転させて『バッ!』と振り返ると、白目をむいた男が、両手を顔の前でブルブル震わせながら付いてきていた。

ハワ▲ゎワゎ☓!( ; ロ)゚>咄嗟に体が反応してダッシュで駆け出すと、コンビニ袋からサンドイッチがこぼれ落ちた。構わずに走り続け、部屋にたどり着いた時は全身が汗まみれ。翌朝、帰り道を辿って行くと、野良犬が食べたようにサンドイッチが食い荒らされ、無数のゴキブリが群がっていた。と、ここで目が覚めたのだ。『ほっq'∀'o)=3』

スポンサードリンク

ページのトップへ戻る